腎臓内科医

腎臓は泌尿器系器官のひとつで体の背中側に左右一対あり、血液中の老廃物や水分をろ過して尿として排泄しています。こうした腎臓の働きは体液のホメオスタシス(恒常性)を維持する上で欠くことのできない大切な器官です。左右の腎臓には、ネフロンという腎臓組織が各100万個ほどあると言われており、ネフロンは糸球体と尿細管から成ります。糸球体は毛細血管の塊ともいえる精密な構造を有する器官で、血液をろ過し1日に120〜150Lもの原尿を作っています。原尿の99%は再吸収されて血液中に戻っていき、残りの1%(約1.2〜1.5L)が最終的に尿として生成されます。この糸球体は損傷すると再生することができないため、損傷や機能不全を起こした場合にはナトリウムやカリウムの摂取量を制限し、人工透析を必要とします。

腎臓内科では、こうした腎臓機能に関わる病気を診察・治療する診療科です。腎臓内科では、蛋白尿や血尿が1年以上続き、むくみや全身倦怠などの症状が現われる腎臓の炎症いた状態を慢性腎炎「慢性腎炎」、腎臓の糸球体から大量の蛋白が漏れ血液中の蛋白量が減少して浮腫を起こす「ネフローゼ症候群」、腎臓が正常に機能しなくなり体内の老廃物を十分に排泄できなくなった「慢性腎不全」などを中心に、腎臓や尿管に結石ができる「腎尿管結石」、自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまう「尿失禁」、膀胱に細菌が感染し、排尿痛、頻尿、尿のにごりが起こる「膀胱炎」などの診察・治療を行います。

腎臓疾患では緊急性を要する場合は少ないため、患者さんの半日後、数日後の状態を想定してじっくりと考える診察・対応が必要とされます。また腎臓疾患は、糖尿病や膠原病といった全身疾患に伴って腎臓疾患を抱えるなど二次性のものを合わせると疾患範囲が多岐にわたるため、全身を診る能力と深く幅広い知識が要求されます。さらに腎炎、腎不全、血液浄化療法、腎移植などの各分野においても腎臓生理検査・腎臓病理診断・シャント作成など多くの医療処置技術が必要とされます。

腎臓疾患においては、糖尿病や膠原病といった全身疾患に伴い腎臓疾患を抱える患者さんが増加しており、慢性腎不全患者は10年前と比べ約60%増となっています。現在人口透析患者は25万人を超え、さらに毎年1万数千人以上増え続けていると言われています。その人工透析予備軍である慢性腎疾患を抱える患者数にいたっては400万人以上と推定されています。このように腎臓疾患患者が急激に増加している一方で腎臓専門医は全国で3,000名弱に過ぎず、腎疾患に関する専門性と医療スキルを備えた腎臓内科医を希望する声はこれまで以上に大きくなっています。

腎臓内科医を含む医師の給料相場を解説したサイトです。

Copyright (C) 2007-2013 耳鼻咽喉科医. All Rights Reserved.